女性

歯科インプラント治療ができる|違和感の無い歯作り!

様々な治療方法

歯科

歯医者にも様々な種類があります。その1つが小児歯医者です。これは、乳幼児~永久歯が生えそろうまでの子供を対象としている歯科です。12~13歳程度までは治療する事が可能です。一般歯科では無く、わざわざこの小児歯科で治療をするのにはわけがあります。子供の歯と言うのは、大人に比べて驚く程に小さく、治療が困難です。小児患者の治療に関しては、専門的な知識、技術等が非常に重要になってきます。だからこそ、一般の歯医者と分けて考える事により、もっと快適で確実に安全な治療をする事が可能になります。更に、一定水準以上の治療クォリティを相手に提供する事が出来るようにしているのです。子供、大人と分ける事で、より子供やその親が快適に過ごせるような歯医者を作って行けます。矯正歯の健康は虫歯治療だけで守れる物ではありません。重要なのは歯並びです、これが整っていないと、何度歯磨きをしても虫歯にかかりやすくなったり、歯石がつきやすくなってしまいます。その為に、子供のうちに歯科矯正によって歯並びを整える事は必要な事なのです。

世の中には、歯並びや顎の骨を専門的に扱う矯正歯科があります。歯並びや噛み合わせを矯正歯科で治療する事により、骨格の成長や発音が正常に発達してきます。正しくない歯並びや噛み合わせを持つ事を、不正咬合と呼んでいます。審美歯を白くするホワイトニングや、最新治療であるインプラント治療を請け負う歯医者を審美歯科と言います。他にも、セラミックを歯に装着させ、強度を上げたり、虫歯や汚れが付着しにくくすると言うような治療も行っています。