女性

歯科インプラント治療ができる|違和感の無い歯作り!

虫歯の原因

歯科

歯科用語ではう蝕と呼ばれています。う蝕を引き起こしてしまう原因とは、歯垢です。プラークとも呼ばれるこの歯の汚れは、最近の塊です。虫歯を引き起こす菌はミュータント菌と言い、これが食事等をした時に歯に残る糖を吸収する事で、プラークを作り出します。それにより、ミュータンス菌が増殖すると、歯の表面に膜を作り出すのです。そうすると、歯に残っている糖は発酵し、乳酸などの酸を発生させます。この時に出来た酸が一定以上の濃度になると、口内が中性にならず、遂に作られた酸で歯が溶けてしまいます。こうして虫歯は発生するのです。唾液と同じように食事をし、同じように歯磨きをしていても、虫歯になりやすい人、なりにくい人はおります。その決定的な違いとは、唾液です。唾液には食物の消化を助ける働き以外にも、ミュータント菌によって酸化した歯を再生させる力を持っています。これを再石灰化と呼んでいます。更に、酸度やアルカリ度を一定に保つ効果がありますから、口内が酸性になり、歯が溶け出してしまう事を防ぎます。抗菌作用も持っていますので、そもそも虫歯菌が増殖してしまう事も止めてくれるのです。

歯医者では、唾液の量が少ない人は、保護する力が弱いと言う事になりますから、虫歯になりやすいと言われています。バランス口内は中性に保たれています。しかし、糖分を含む食べ物を食べると、口内は一時的に酸性となり、虫歯菌が活動しやすくなります。そして、人間の唾液量が最も少なくなるのは就寝中です。ですから、寝る前には歯を磨く事、そして直前には何も食べない事を注意されるのです。